高野悦子「二十歳の原点」案内
二十歳の原点序章(昭和43年)
1968年 5月 1日(水)
 快晴

 京都:晴・最低5.7℃最高25.0℃。日中は快晴。

 ところが学校へ来る途中丸太町を横断中の五者共闘の隊列が、

 京都市上京区の河原町丸太町交差点である。
四条河原町から河原町丸太町地図河原町丸太町交差点
 通学ルートである京都市電の四条河原町新京極電停から府立病院前電停の途中に通る。河原町丸太町電停の北行きが交差点南側に位置していた。
 六者共闘=立命館大学六者共闘会議(一部学友会・二部学友会・大学院生協議会・教職員組合・生活協同組合・生活協同組合労働組合から構成、民青・共産党系)のうち大学院生協議会が参加しない場合、「五者共闘」と呼んでいることがある。
☞1967年10月23日「十・二一は六者共闘」

 六者共闘は 5月1日(水)午前、広小路キャンパスと衣笠キャンパスでメーデーの集会を開いた。“アメリカのベトナム侵略と佐藤政権の加担反対”などをスローガンに掲げ、広小路キャンパスでは法学部、産業社会学部、二部を中心とした学生約700人が参加した。
 集会では「学友会、教職組などが決意表明を行なった後、民主勢力の統一の強化を呼びかけ「本学に学び、働く者が団結して、アメリカ帝国主義、日本独占資本、佐藤政府に対する闘いの日である」とのメーデー宣言を採択した」(『六者共闘、ベ侵略反対打ちだす』「立命館学園新聞昭和43年5月11日」(立命館大学新聞社、1968年))。集会後、教職員組合の約60人がデモに出発した。

 立命を出発し今出川を通り、二条城から円山公園にいくまでにいろいろと考えた。

 広小路キャンパスでは、六者共闘の集会に続き、一部学友会・二部学友会(ともに民青系)合同による学生集会が開かれ、改めて“統一戦線”(民青・共産党系の意味)の勢力強化やベトナム人民支援などを呼びかけ、キャンパス内でデモを行って気勢を上げた。
 この集会に参加した学生らは午前11時前、二条城前に向けてデモ行進に出た。
 立命館大学広小路キャンパス─(河原町通)─河原町今出川─(今出川通)─堀川今出川─(堀川通)─二条城前広場(約4.2㎞)
 二条城前では、六者共闘の集会を衣笠キャンパスで行った約300人、それに京大を含む民青系府学連約500人が合流して、全体で約1,500人となった。
1968年メーデー民青系コース
 二条城前広場では午前9時15分から京都総評、中立労連などが主催する第39回全京都統一メーデー中央集会が行われており、中央の特設ステージには「万国の労働者団結せよ!働く者の団結で生活と権利、平和を守ろう」のスローガンが書かれた横断幕が張られ、7万5000人(主催者側発表)の参加者と赤旗やプラカード、デコレーションで埋まった。集会では平和を守り佐藤内閣を打倒することなどを盛り込んだメーデー宣言を採択した後、「ガンバロー」の掛け声を上げ、午前10時半すぎに3コースに分かれてデモ行進に移っている。

 二条城前広場─堀川御池─(御池通)─河原町御池─(河原町通)─四条河原町─(四条通)─祇園─円山公園(約3.8㎞)
 立命館大学の六者共闘を含む民青系府学連はデモ行進後、円山公園で集会を行って、午後4時前に解散した。

1968年 5月 6日(月)
 晴

 京都:晴・最低12.3℃最高28.6℃。振替休日制度が始まったのは1973年のため、この日は平日である。

 山から帰ってみんなで高島屋でビールをのみ、
髙島屋屋上アサヒビアガーデン

 5月5日(日・祝)にビールを飲んだのは、髙島屋屋上アサヒビアガーデンである。
四条河原町付近地図百貨店屋上写真
高島屋京都店
 1968年シーズンは4月25日(木)にオープンし、連日午後5時から9時まで営業していた。屋上までは河原町通側のエレベーターを利用した。屋上北側に1965年、子ども向け遊園地「プレイランド」が完成(2012年に終了)。ビアガーデンは屋上南側で営業していた。
 飲食店は京都市中京区河原町通四条上ルに当時レストランがあり、ビアホールなどを手がける外食大手、ニュートーキヨーが担当している。
当時の広告直行エレベーター入口
 現在は「タカシマヤ屋上アサヒビアガーデン」として後の増築部分にあたる屋上西側でシーズン営業を行っている。
タカシマヤアサヒビアガーデン
 ワンゲル部OBによるとほかにも、合宿などで遠距離で国鉄(現・JR)を使って京都駅に帰ってきた場合は、駅前にある京都タワービルの屋上ビアガーデンを利用することもあった。「当時は屋上ビアガーデン全盛期で、ステージでハワイアンしてたり」、「“ゴーゴーガール”が踊ってたような所もあった」という。

 去年の十一月十六日のコンパで感じたような淋しさを感じた。

☞1967年11月18日「十六日のクラスコンパは場所の関係で一時間ほどしかできなかった」

 明日は北山先生の史学史の講義がある。

☞1968年4月12日「北山先生の史学史をムリしてとることにした」

1968年 5月 7日(火)
 同盟の人たちのようにビラまき、議論、アジなどの生活がそうなのだろうか。

民青
 この日は女子学生対象の健康診断の検査日にあたり、診療所で一般計測、内科、X線撮影、BCG接種などが行われた。

 井上清『日本の歴史』と『部落史』をいつも携帯してヒマがあったら読もうと思った。
部落史表紙  『部落史』は、部落問題研究所編「部落史」部落問題セミナーⅡ(汐文社、1964年)である。当時400円。
 被差別部落問題の歴史的研究について1950年代から1960年代前半にかけて執筆・発表された論稿を体系的にまとめている。林屋辰三郎『部落史の位置』、東上高志『部落史の課題』、上田正昭『部落発生史─その研究動向をめぐって─』、藤谷俊雄『部落問題研究の目的と動向』、北山茂夫『部落の歴史と解放運動─古代篇─』ほかを所収している。
☞1968年2月21日「『日本の歴史』(中)の一章分をよむ」

1968年 5月 9日(木)
 快晴

 京都:晴・最低5.8℃最高24.2℃。午後まで快晴。

 「すべての真の歴史は現代の歴史である」 ─クローチェ─
 「現代史の立場とは、まずもって現代社会におけるこのような矛盾の確認から出発することにほかならない」 ─『日本史研究序説』 一二三頁

 岩井忠熊『現代社会Ⅰ─大正・昭和時代』林屋辰三郎編「日本史研究序説」(創元社、1965年)からの引用である。
 「いずれにせよ、古代、中世、近代といった時代区分の概念が、現代を出発点として成り立っていることを確認しておこう。一般に歴史学が現代を基礎として成り立つものであることは、クロオチェの有名な言葉「すべての真の歴史は現代の歴史である」(『歴史の理論と歴史』)を引くまでもなく、一つの常識であるといってよい」
 「その社会においては、一方における資本の蓄積と他方における貧困の蓄積、ブルジョアジーとプロレタリアートへの「階級分化、そして両者の階級対立を必然化する。現代史の立場とは、まずもって、現代社会におけるこのような矛盾の確認から出発することにほかならない」(岩井忠熊『現代社会Ⅰ─大正・昭和時代』林屋辰三郎編「日本史研究序説」(創元社、1965年))

1968年 5月13日(月)
 山小屋コンパに参加して、

立命ワンゲル小屋

 山小屋は、ワンゲル部が京都府京北町芹生川上(現・京都市右京区京北芹生町川上)で管理・運営する「立命ワンゲル小屋」のことである。山小舎(やまごや)という表記も使っていた。
立命ワンゲル小屋立命館大学ワンダーフォーゲル会山小屋広域地図
 ブロック造平屋建て延べ約25㎡。京都・北山の貴船・芹生と雲取山を結ぶコース上にある通称「二ノ谷」沿い標高約760mの民有地にある。
 山小屋の構想は1961年に部内で持ち上がった。キャンパスから近い北山にあって、当時スキーが可能、水が利用でき、ハイキング客があまり多く通らないという条件から立地が決まった。建設に必要な資金は部員たちがアルバイトなどをして自前で用意した。
ワンゲル小屋と芹生の地図小屋に掲げられたプレート
 ご厚意により、内部を撮影した。
 中に入るとまず土間(約6畳)になっており、まきストーブがある。壁には装備や消耗品などがびっしりと並んでいる。奥の天井近くには保安林における作業許可を示す標識が置かれていた。工事の時に掲げられたもので、「立命館大学ワンダーフォーゲル会山小屋建設作業地、許可年月日:昭和37年5月30日、許可期間:昭和37年5月30日より同年12月30日まで、作業面積:23.1平方メートル、申請者:京都市上京区河原町広小路西入ル・立命館大学ワンダーフォーゲル会」と書かれている。
 小屋の設計は理工学部在籍の部員が担当し、工事は1962年3月25日(日)に建材を運ぶ道づくりからスタートした。基礎は学生が手がけ、大工工事等は京都市内の建設会社が行い、同年12月9月(日)に小屋の落成式が行われた記録がある。
土間とまきストーブ小屋建設作業許可の標識
 左手にはリビングスペースとなる板の間(約8畳)がある。“RUWV”と書かれたワンゲル部の旗や部の機関誌のタイトルと同じ「漂雲」の額、元総長・末川博揮毫の板などが飾られている。また階段を上がると板の間のロフト(中2階)になっている。
板の間とロフトへの階段小屋の壁に飾られた旗や額
 壁には完成当初からの山小屋の変遷の写真も掲げられていた。当時は入り口部分にひさしがなく、外壁はブロックの地色が見えていたことがわかる。「赤い屋根にコバルト・ブルーの、立命館大学ワンダーフォーゲル部のブロックの山小屋が見えてくる。谷のひらけたよい場所に作られた、よい小屋である」(創元社編集部編『雲取山』「関西の山々」(創元社、1968年))。
壁に掲げられた過去の写真当時の山小屋の写真
 建物は屋根や窓枠など改修を重ねているが、基本構造は当時から変わっていない。ただかつて山小屋の周囲はササが茂っていたが、現在はササが見られなくなった。北山全体で近年になってササが急減したことによるものとされる。
 歴史ある立命ワンゲル小屋について、2012年10月26日(金)に立命館大学衣笠キャンパスで「山小屋建設50周年記念式典」が開かれ、1958年卒業生から現役部員まで約130人が参加した。またワンゲル部OB有志が春と秋の年2回集まり、「山小屋ワーク」と称して建物等のメンテナンスや外構の充実、ササの復元といった活動を行っている。

 当時は週休二日制は始まっておらず、土曜日も午前中講義があった。このため週末に山小屋へ行く場合、土曜日の昼から午後にそれぞれ出発し、山小屋に夕方ごろ到着して集まった。夜にみんなで酒を飲みながら話をしてワイワイガヤガヤ盛り上がって、そのまま宿泊。翌・日曜日の朝以降に帰っていくというパターンが多かったという。
 同学年・2年生だったワンゲル部OBは「山小屋で彼女と一緒になったことがあるのは間違いない。どのようなルートで来たのか、たとえば貴船・芹生からか花背・雲取山からかといった話くらいはしていると思う」と言う。1学年下の1年生だったOBは「秋ぐらいまでよく山小屋に通ってきてたと思う。静かな感じで話したことはないけど、光ってて目立ってたなあ。特にたばこを吸ってる姿がカッコ良かった。あのころ女性部員のたばこはあまりいなかったこともあったけど、高野さんの吸い方がすごく“絵”になってて強い印象が残っている」と語る。

 1968年5月12日(日)は「山の清掃デー」だった。
 同学年のワンゲル部員は1970年に「2回生の前期から夏合宿に至る君のあの陶酔ともいうべき自然活動。あの頃の君とは、直接話しはしなかったが、純粋なまでのあの何かを追い求むる姿に我々は心密かに畏敬の念をもっていた。それは我々にはそう容易すぐ到達できえぬ姿であった。
 君は5月の「山の清掃デー」の日の事を覚えているかな。芹生までのゴミをたくさん拾って小舎へ帰る途中新道で雨が降ってきた。新しく我々で作った道なのでまだまだ藪である。皆、上から下までビショビショである。その時、先頭をズンズン歩いていた僕は、君がすぐ後にピッタリと付き、ちょっと俯き加減に黙々と歩いているのに驚いた。君のイメージではずっと後に遅れて来ているのだろうと思っていた。そしてどうやら新道を貫き通せてこの谷の出合いまできた時に「体が冷えたから、小舎まで走れ!」と僕が皆に大声でいうと、君もニコニコして、弾むように駈けていった」
手紙(立命大ワンダーフォーゲル会。故高野悦子さん宛。)(『高野悦子さんを囲んで』「那須文学第10号」(那須文学社、1971年))と残している。
 5月12日京都:曇時々雨・最高19.2℃最低15.9℃。
ワンゲル部

1968年 5月14日(火)
 快晴

 京都:晴・最低6.8℃最高25.8℃。ほぼ快晴。

 きのうは二回生会があり、今日また総会、そしてブロックの話し合いがあった。

 二回生会、総会、ブロックの話し合いともにワンゲル部の会合である。

 また『教育の森』の高校教育のところをよんでそのひどさにおどろいたせいもあり、

教育の森7・再編下の高校表紙 村松喬「教育の森・7─“再編下”の高校」(毎日新聞社、1967年)である。
 「学校も教師も、教育の行政も、またそれに要求する周囲も、根本的な原則を無視し、あげて教育を実利、功利の面からのみ利用しようとしている傾きが強いようである。そしてそれが「現実的」だと思っている。
 そのような教育が、実利的な面においても成功するわけはないが、成功しない理由を、教育がさらに実利に徹底していないからだと考える有力な向きがあるのは、日本の教育にとって絶望的な事実である。そして、一方には、人間を産業の具、労働力としてのみみる「人間機械説」ともいうべき考え方がある。この二つの考えが合体して、教育を規定するとしたら、どういうことになるか」(村松喬『まえがき』「教育の森・7─“再編下”の高校」(毎日新聞社、1967年))
 「経済審議会の教育に対する要求、つまりは人間に対する要求には、機械を運転するのと同じ考え方を教育にあてはめている感じが強くあり、人間と機械の間に違いがあることを十分に認識されていないきらいがあり、しいて人間といえば、経済の頂点を形成している企業経営者のみだという考え方がひそんでいるようである。この考え方は、人間と機械の境をはずしたものであり、その場合、意思や欲望を持つ人間よりは、思うように操縦できる機械の方がはるかにたのもしく、また有用だという観念に転化し、人間を機械なみに扱うことは一種の恩恵になるのである。そして中教審は、その考え方を教育の中に持ち込む役割をになったのである」(『答申の検討』村松喬「教育の森・7─“再編下”の高校」(毎日新聞社、1967年))といった記述がある。
☞1968年4月15日「『教育の森』をよんで」

 九時ごろまでHブロックのメンバーと話をして、

 「Hブロック」は、ワンゲル部の広小路(H)キャンパス側の部員という意味と考えられる。

高野悦子「二十歳の原点」案内