高野悦子「二十歳の原点」案内
「二十歳の原点」(昭和44年)

日記発見からの道のり


日記の発見
死亡後の動き西陣警察署外観

 1969年6月25日(水)朝、栃木県宇都宮市の栃木県庁に出勤した父・高野三郎は、次女の高野悦子が自殺したという電話連絡を地元警察を通じて受けた。
 直ちに京都へ向かい、京都市上京区御前通今小路下ルの京都府西陣警察署(現・上京警察署)で本人の身元を最終確認した。

 6月26日(木)、三郎と、悦子の母・アイは、京都市左京区東大路通近衛上ルの京都大学医学部霊安室で悦子の遺体を引き取り、午後4時から蓮華谷火葬場でだびに付した。
 「家族と在京の友人たち十数人で涙ながら最後のお別れをしました」(高野三郎『失格者の弁』高野悦子「二十歳の原点」(新潮社、1971年))。この「友人」は三郎の友人を指しており、悦子本人の直接の友人という意味ではない。
 「アイは霊安室で悦子と対面した。アイが買ってあげたワンピースと靴を身につけていた。「いっしょに買ったのですから、よく覚えています。涙も出ませんでした。呆然というか、夢の中にいるようでした。私が至らなくて、あの子にさびしい思いをさせたんじゃないでしょうか」」(臼井敏男『わが娘の「二十歳の原点」』「叛逆の時を生きて」(朝日新聞出版、2010年))と語っている。
 ※高野悦子の実家があった栃木県では当時、通夜・告別式より先に火葬を行う場合(前火葬)が少なくなかった。

蓮華谷火葬場

 蓮華谷火葬場は京都市北区大北山蓮ヶ谷町にあった京都市の火葬場である。当時の建物は現存しない。
蓮華谷火葬場地図当時の蓮華谷火葬場
 京都市中央斎場建設後の1981年3月に休止した。建物のうち比較的新しい火葬施設(1977年建設)は災害時の使用に備えて京都市中央斎場分場として維持管理されていたが、老朽化や必要性の低下から2016年に廃止された。
蓮華谷火葬場跡の大北山公園火葬場跡の慰霊碑
 跡地は京都市の大北山公園となり、古い火葬施設の建物があった一角には蓮華谷火葬場跡の「慰霊碑」が建立されている。

 三郎とアイは6月26日夜から、高野悦子の下宿(川越宅)で遺品の整理を始めた。遺書らしいものは見つからなかった。
 「アイが悦子の下宿に行くと、バッグを買うために渡した現金は手つかずのまま筆箱に残っていた」(臼井敏男『わが娘の「二十歳の原点」』「叛逆の時を生きて」(朝日新聞出版、2010年))
 しかし大学ノートなど十数冊に書きつづられた中学2年生からの日記が見つかった。最後のノートには「かるちえ」と題してあった。ノートだけでなく、広告や試験用紙の裏などに書かれた日付入りの文章やメモもあった。
下宿(川越宅)

 悦子が日記を付けていることを三郎は全く知らなかった。アイは気付いていたが中身を見たことはなかった。
 三郎は「涙でかすむ目を拭いながら一気に読み通して愕然となり」「親の私が抱いていた「悦子」と別の人間がそこにいた」(高野三郎『失格者の弁』高野悦子「二十歳の原点」(新潮社、1971年))のだった。徹夜で読んだ。
 親として何も分かってやれなかった自分がつらく、深く反省した。

 高野悦子の葬儀・告別式は、7月1日(火)に実家がある栃木県西那須野町(現・那須塩原市)の宗源寺で行われた。
高野悦子の墓

原因の調査

 下宿から遺書らしいものが見つからなかったこともあり、高野悦子が自殺に及んだ原因について、父・高野三郎は姉・ヒロ子らとともに、日記に名前が残っていた人を中心に京都で数多くの関係者を探し出し、個別に会って話を聞き集めた。
 しかし関係者の中で高野悦子に差し迫った自殺の予兆を感じていた人は見当たらなかった。

 実家がある栃木県西那須野町(現・那須塩原市)で高野悦子の掛かりつけの医師だった竹内勝次は、一つの見方として「悦子さんはその夜、大量の睡眠薬をのんだが利かなかったということを書いている。けれども結果にはかなりの昏迷状態がきていたのにちがいない。そういう状態で外へ出た。雨が降っていたというが、そのなかで線路のそばに立ってぼんやりと電車の通るのを眺めていた。そして、ふと飛び込んでしまった…」(『集録高野悦子さんを囲んで』「那須文学第10号」(那須文学社、1971年))と発言した。
竹内医院

 高野悦子がアルバイトをしていた京都国際ホテル屋上ビヤガーデンでは、同学年にあたる立命館大学法学部3年生(1967年入学)の男子アルバイトが京都府警からの問い合わせの電話に最初に出たという。
 電話はビヤガーデンのパントリー付近にあり、営業開始の午後5時半から間もないころかかってきて、ビヤガーデンの現場責任者に取り次いだ。その後、その現場責任者からビヤガーデンにいた従業員やアルバイトに彼女の死亡が伝えられたという。
 京都国際ホテルでは自殺原因の調査は行われなかった。ビヤガーデンの女子アルバイトの間で「付き合っている人がいて、振られたんじゃない」といったうわさが流れたにとどまった。
屋上ビヤガーデン

 高野悦子が運動に参加した立命館大学全共闘は当時、京都大学教養部のバリケード(Cバリ)に間借りする形だった。全共闘やそのシンパの学生の間に死亡の報は早い時期に入った。
 大きな衝撃が走ったが、個人的な生活面まで親しかった者はおらず、自殺原因の見当がつかなかった。

 立命館大学当局では日本史学専攻が教授・岩井忠熊、専任講師・衣笠安喜、助手・山尾幸久の体制になっていた。
 岩井は共産党系の雑誌で「当時の彼女と近い関係にあった学生運動のグループから連絡があり、山尾君をわずらわして会ってもらったが、彼らも自殺の原因についてまったく思いあたるところがなく、それを知りたくて、紛争以来、敵対関係にあった大学に連絡をとってきたらしい。しかし大学に心当りがあるわけはなく、話はそのままでおわってしまった(岩井忠熊『大学の生命、教師と学生の対話…民主主義への道のり─一歴史研究者のあゆみ(20)』「人権と部落問題2002年11月号」(部落問題研究所、2002年))と振り返っている。

 高野三郎は「あの娘を知る人は「あんなに朗らかな人が、どうして?、何故?」と驚きの眼で尋ねます。でも私にも答えようがないのです。当日はいつもの通りアルバイトに出かけています。下宿に戻ってから夜中の午前2時頃「チョット外出します」と声をかけて出たといいます。「真夜中の汽笛の音は一体どんな響きをもっているのでしょうか」と手記にもあるように、星空を眺め孤独に耐えかねてフト死神にとりつかれたのでしょうか。私にもわかりません」(高野三郎『失格者の弁』「那須文学第9号」(那須文学社、1970年))
 そのうえで「二十歳の原点」のあとがきに「親の私があの娘の死を、生き方を、どうスケッチしようとも身内の主観的な独断的なものでしかあり得ません。読者はそれぞれの立場で、それぞれの感慨をもたれることでしょうし、さらに私の総括からはみ出したものを御汲取りいただければ幸甚です」(高野三郎『失格者の弁』高野悦子「二十歳の原点」(那須文学社、1970年))と付け加えた。

 高野三郎は西那須野町長を退職したあとのころ、「線路に横たわるなんてことは正気じゃできません。おそらく意識がもうろうとしていたんでしょう。普通の状態ではなかなかそういうことにはならないでしょう。別に死ぬことに「美」を描いた心境ではないと思うんです。死への憧れというのではない。
 ただ自殺する1週間ほど前はものすごく落ち込んでいたようです。眠れないとか、物を食べないとか。親の仕送りにも手を付けないんですよ。それを使うのが“イヤだ”という気持ちになっていたんです。
 3、4日前から寝てないだろうし、食べてないだろうし、困ぱいの状態だったと思います。正気じゃ、あまりにもかわいそうだし、そう思いたくないですよね。そう考えてやらないとかわいそうだものね。
 自殺してしまったことが良いとか悪いとか決めること自体も変なことですよね。そういう状況にある人もいるんでしょう。その辺も察してあげなけりゃね。〝あれは自殺してバカだよ〟と片づければ、こんな簡単なことはないでしょうけれども。
 もう少し私が、手を差し伸べてやれなかったのかとね。でも、自殺に追いやられるような条件下に置かれたという、そういうことは夢にも思わなかったです。自殺にまで追いやられる条件下に追い詰められていたというのは、想像を絶してたんですよね。そこをもう少し分かってやれなかったのかなあ、と私は思うんです」と語っている。

  1. 高野悦子「二十歳の原点」案内 >
  2. 日記発見からの道のり